女医

突然起こる突発性難聴とは【今増加している耳の病気】

購入前にリサーチすること

耳

特徴を知ることが大切

世の中には、目が見えづらい人や耳が聞こえづらい人、手足が不自由な人など様々な人がいます。その中で耳が不自由な人は補聴器によって聞こえづらさを解消することが出来ます。購入前にどんな補聴器が自分に合うのか種類や選び方を知っておく必要があります。補聴器には、アナログとデジタルの二種類あります。その中でも高性能なのがデジタル補聴器です。特徴は、音声をデジタル化して複雑な信号処理を行うことです。そのため、アナログに比べて騒音の中でも会話が聞き取りやすいのが特徴です。耳の不自由な人には、音の聞こえには個人差があるため一人一人に合わせて作るオーダーメイドが主流になっていることも特徴の一つです。選び方を知った上で自分にあった補聴器選びをすると良いでしょう。

購入する際に気をつける点

補聴器の選び方で気をつけることは、自分によりあった補聴器選びをすることです。また、日常で耳が聞こえづらいと感じたらすぐに医療機関で早期に検査をすることが大切です。聞こえずらさを放っておくと、知らず知らずのうちに生活に支障をきたしてしまい事故にもつながる可能性があります。検査結果によっては、日常生活に支障をきたさないように補聴器を購入してつけることをおすすめします。しかし、補聴器も安いものではないので選び方を失敗して購入してしまうとせっかく購入しても意味がありません。自分にあった選び方で購入するためにも、無料お試し期間のあるお店での購入をすることで失敗しないで自分にあった補聴器選びをすることが出来るのでおすすめです。